くらし情報『香取慎吾が『おじゃMAP!!』のラストで叫んだ「フジテレビありがとう!」の真意』

香取慎吾が『おじゃMAP!!』のラストで叫んだ「フジテレビありがとう!」の真意

2018年3月29日 18:00
 

香取慎吾が『おじゃMAP!!』のラストで叫んだ「フジテレビありがとう!」の真意
香取慎吾
香取慎吾アンタッチャブル山崎弘也が出演していたフジテレビ系『おじゃMAP!!』が、2018年3月28日に最終回を迎えた。ラストは番組のテーマでもあった依頼に応えて2人が視聴者の家を訪問、お茶の間からの賑やかな生放送となった。

前々から香取が「ぜひとも笑って見届けてほしい」と発信していた通り、作りもBGMも終了の湿っぽさをあまり感じさせない最終回だったが、その中で印象に残ったのは、番組の最後に香取がカメラに向けて言った「フジテレビありがとう!」のことばだ。

同じくこの春に終了となった『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)や『めちゃ×2イケてるッ!』(同)に比べれば、『おじゃMAP!!』の歴史は6年と短い。しかしそれでも香取がこの番組で「フジテレビありがとう」という思いの深いメッセージを残し、それが視聴者にとってもどこか印象的だったのは、彼のルーツである国民的アイドルグループ・SMAPとフジテレビの深い縁ゆえだろう。

■フジテレビとSMAP、26年の“黄金期”

実は“フジテレビへのSMAPメンバーのレギュラー出演”はこの2018年3月まで、26年間にわたり、途切れることなくずっと続いていた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.