くらし情報『《AI家電のある暮らし》一生で9000時間の節約も!ボタンひとつで快適生活』

2018年4月7日 04:00

《AI家電のある暮らし》一生で9000時間の節約も!ボタンひとつで快適生活

《AI家電のある暮らし》一生で9000時間の節約も!ボタンひとつで快適生活
女性から人気が高い『RoBoHoN』、多機能冷蔵庫、そして『ランドロイド』は、投入すれば自動で衣類を折りたたんでくれる
技術革新についての話題がやむことのないAI。最近では、私たちの生活を支える身近な家電分野でも、AIを組み込んだ製品が数多く登場している。

’16年から『COCORO+』と呼ばれる製品群を展開している大手家電メーカー、シャープもそのひとつだ。IoT通信事業本部・松本融部長は、

「家族の一員として、人と人とをつなげるような製品を提供しています」

と、そのコンセプトを解説する。

AIが学習を重ねることで、生活の手間を省いてくれるようになるというのが製品群の特徴です。また、製品をインターネットにつなぐことで最新の情報に更新できるほか、離れた場所にいる家族や友人同士が、AIから同じレシピを提案されるといった使い方も可能になります」(松本部長)

■料理も洗濯もAIまかせ

悩ましい毎日の献立選びも、AIがアシスト。同社の主力商品である『ウォーターオーブン ヘルシオ』は、前面にある「おはなし」ボタンを押すと、機械と対話ができる。例えば、鶏料理が続いているときには、魚を使った新たなレシピを提案してくれたりもする。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.