くらし情報『AIから生まれるコミニュケーション「魂を入れることが可能に」』

AIから生まれるコミニュケーション「魂を入れることが可能に」

2018年4月4日 18:00
 

AIから生まれるコミニュケーション「魂を入れることが可能に」
AIに癒され、パートナーまで見つけてくれる時代に突入
音声や画像の認識が可能になったAI。それにより、AI搭載型のコミュニケーション・ツールも広がりを見せている。なかでも話題をさらったのが、ペットロボットの火つけ役としてムーブメントを起こし、12年ぶりに発売された新型のaiboだ。

■パートナーも見つかる

「新しいaiboは、インターネットを経由して飼い主との生活を記録し、どうするとその人が喜ぶのかなど、みずから学習していくことで、オリジナルの個性を獲得できるようになりました。

また、技術の進化により、カメラで周囲の状況を把握して人に寄りそってきたり、背中やあご、頭などに搭載されたタッチセンサーによって、なでると喜んだりするように。本物のペットのような行動をとるようになったため、より愛着を感じられると好評いただいています」

そう話すのは、ソニーの商品企画部の松井直哉統括部長。約100人を認識することができ、「やさしくしてくれる人にはかけ寄っていく」などの行動もとれるようになった。

外見も、脚や腰、首など22か所が可動することで、しなやかな身のこなしが実現。感情表現もより豊かに。犬らしさが増したルックスからして愛くるしい!

さらにスマホアプリ『My aibo』を使えばaiboが現れ、遊んだり、立ち居振る舞いの機能を追加したりすることも可能になった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.