くらし情報『松坂桃李の結婚願望と「アイツは結婚できないだろうな~」と思う俳優仲間』

松坂桃李の結婚願望と「アイツは結婚できないだろうな~」と思う俳優仲間

2018年4月5日 12:00
 

松坂桃李の結婚願望と「アイツは結婚できないだろうな~」と思う俳優仲間
松坂桃李撮影/廣瀬靖
「この話をいただいたときは“ラッキー”だと思いました。20代後半からいろんなジャンルの作品をやっていこうとマネージャーさんと話していた最中だったので、これは30代に向けていい経験になるぞと。新しい作品に出るきっかけにもなるかもしれないと、期待しかなかったです」

松坂桃李、29歳。朝ドラ『わろてんか』での藤吉役が記憶に新しいが、ここ数年は、童貞、殺人鬼、ダメ男……など、さまざまな役柄をこなしてきた。そんな松坂が約2年前に満を持して挑んだ舞台がある。それが石田衣良原作の『娼年』――。

これまでのイメージからは想像もつかない、セックス描写をふんだんに盛り込んだ内容に「ある種、賭けみたいなところはありました」と話す。そして今回、2年の時を経て、ついに映画化!

「舞台で僕も監督も完全燃焼したところだったので、もう1度このテンションに持っていくのが大変でした。『娼年』では身体とのコミュニケーションが大事で、より繊細な芝居を求められて。内容も内容だし、撮影現場も過酷で、メンタルも体力も削られていく日々。正直、現場に行きたくない日もあって、“風邪ひかないかな~”なんて思った日もありました(笑)」

撮影中は自宅に帰らずビジネスホテルに泊まり、完全にスイッチオフにしないようにすることで、厳しい現場を乗り切ったとか。

劇中では、娼夫としてさまざまな欲望や“傷”を抱えた女性たちと身体を重ねていくが……。

「相手の女性の方とは距離感を大切にして。僕は3週間くらい撮影していましたが、女性たちは長くて2日間。お互いにだんだんと距離を縮めていって、その場で瞬発的な信頼感を生み出していく、それはアクションと似たような感覚でもありました」

ちなみに、女性の“欲望”を目の当たりにし、女性観や結婚観に変化があったか聞いてみると「前と変わらず結婚はしたいなと思ってますよ!」と笑顔を見せる。

柳楽優弥濱田岳とか、俳優仲間でも結婚している人が多くて“早くこっちに来てよ~”みたいなことはよく言われます(笑)。でも今、学校問題とか保育園に入れるにもすごく大変じゃないですか。そこは奥さんとの二人三脚なのかな。大変さを共有するのも夫婦のカタチなのかも」

とはいえまだ30手前。同世代には未婚者も多く、大の仲よしというあの人の名を挙げ、
岡田将生よりは僕のほうが先だと思います!アイツは結婚できないだろうな~、なんて言ってる僕ができないかもしれないですね(笑)」

■プライベートトーク♪

――劇中では年上女性との絡みが多いけど、大人の女性についてどう思う?

「経験が豊富、人生が長いぶん得たものが多いと思うんです。うまいウソもつけるし小粋なジョークも叩ける。いろんな武器があるなかで、ふと見せるギャップに惹かれます」

――異性と接するうえで気をつけていることは?

「特にないかな。でも僕、疑り深いのかも!これは男女関係なくですが。何か言われても“本当のところはどうなのかな”とか、慎重派です(笑)」

――劇中では男性との絡みも。どんなところに“男の色気”を感じる?

「強い男性が優しさを見せたとき、大人の魅力や色気を感じます」

――手がセクシー!

「爪がよく大きいねって言われるんです。ちょっとコンプレックスで。でも、そう言ってもらえてうれしいです」

■映画『娼年』
4月6日(金)全国ロードショー

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.