くらし情報『中居正広や亀梨和也の「野球ジャニ」枠でやたらと見かける相葉雅紀の思惑』

中居正広や亀梨和也の「野球ジャニ」枠でやたらと見かける相葉雅紀の思惑

2018年4月2日 22:00
 

関連リンク

・2020年大河『麒麟がくる』は長谷川博己! 脚本家絶賛の“ヒロキのすごいところ”
・【菊田一夫演劇賞】神田沙也加、受賞スピーチで涙ぐむ「目標だった」
・橋本環奈“神楽ヘア”のブリーチを心配する声に「いつもの2倍ケアはしてます」
東京ドームの客席
「どうもみなさんこんばんは。子どものころよく見ていた番組は『ビバ!ジャイアンツ』。改めまして中居です」

3月30日、東京ドームのオーロラビジョンに映し出された中居正広があいさつしたのは、コンサートに来ていたSMAPファンではなく、試合開始を待っていた巨人ファンに向けてのものだった。

この日、開幕したプロ野球『巨人対阪神』戦のオープニングセレモニーで、北島康介萩本欽一らに次ぎ、ファン代表として映像出演したのだった。登場時は場内からどよめきが起こるも、冒頭の“つかみ”で若干スベってしまったようにも。

それでも熱く“ジャイアンツ愛”を語った中居だった。

「本当に小さいころからですけども、ジャイアンツの選手、野球選手には、僕は学ぶことが非常に多く、自分が入れたらいいな、自分も(巨人軍の)ユニフォームでできたらいいな、ってどっかでできなかった夢をジャイアンツの選手、チームに託しているんでしょうね」

この日は、いち巨人ファンとしての登場だったが、『ワールド・ベースボール・クラシック』では2度、ジャパン公認サポーターを務めるなど野球界に長年のあいだ貢献してきた。「野球と言えば中居」は、芸能界の誰もが認めるところだろう。

そんな“先駆者”に対して、同じくドーム内から視線を送っていたのがKAT-TUN亀梨和也だった。日本テレビ系のスポーツ番組『Going! Sports&News 』で8年間キャスターを務める彼はこの日、試合や選手の情報を実況ブースから放送で伝えていたのだ。

「開幕カードの3日間、亀梨さんは試合前のグラウンド内で熱心に取材をしていました。誰に対しても礼儀正しく、勉強家として知られる彼の評判はよく、番組でも自ら身体を張って野球に取り組んでいます。中居さんが視聴者目線ならば、亀梨さんは選手目線ですね」(スポーツ紙記者)

ともにジャニーズタレントで“野球キャラ”と、これまでは役割を分担しながら均衡を保ってきたふたり。当然、’20年に東京五輪で正式種目として復活する野球でも、互いに「出演オファー」を意識していることだろう。

■これは事務所のゴリ押し?

ところが、そんなバランスを壊しそうな“第3の男”が参戦しようとしている。

4月1日、今年で100回を迎える夏の全国高校野球選手権を放送する『熱闘甲子園』など、テレビ朝日系の高校野球関連番組におけるスペシャルナビゲーターに、嵐の相葉雅紀が就任したのだ。

会見では「プライベートで去年の夏も甲子園の外野席で観戦した」と、野球愛をアピールしたという。

「確かに野球経験者で草野球チームにも所属、WBCほかプロ野球の試合もお忍びで観戦しているだけに、かなりの野球好きではあります。ただナゼ、このタイミングで“野球キャラ”になる必要があるのか、ということ」(テレビ局関係者)

翌2日にはNHKの入社式にサプライズ登場して、同局でMCを務める『グッと!スポーツ』を例にとりつつ、新入社員に心構えを説いた相葉。

これまでイメージがなかったが、やたらと「スポーツ」枠にハマっているような……。

「最近、ニュースや情報番組でジャニーズがあふれているように、何とか、どんな形でも嵐のメンバーやタレントを東京五輪に関わらせたい思惑が見えます。

NHKでスポーツ番組を担当し、なおかつ“野球もイケますよ”と売り込んでおけば、もしかしたら中居や亀梨からエースの座を奪えるかもしれない。この2年間で野球キャラとして定着できれば、相葉の“逆転ホームラン”もありうるかもしれないのです」(スポーツ部ディレクター)

三つ巴戦に勝利するのは誰?

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.