くらし情報『高齢ひとり身がぶち当たる『身元保証人』の壁 心の中で叫んだ「死ねというのか!!」』

高齢ひとり身がぶち当たる『身元保証人』の壁 心の中で叫んだ「死ねというのか!!」

2018年4月7日 17:00
 

1986年『女が家を買うとき』(文藝春秋)での作家デビューから、70歳に至る現在まで、一貫して「ひとりの生き方」を書き続けてきた松原惇子さんが、これから来る“老後ひとりぼっち時代”の生き方を問う不定期連載です。

関連リンク

・NMB48、お腹チラ見せ衣装で6曲熱唱! キュート&クールに沖縄のファンを魅了
・平田裕一郎×牧田哲也、家族旅行に同伴の親密ぶり「親に恋人だと思われてるんじゃ」
・ブッシュ元米大統領の亡き妻バーバラさんへ 孫の手紙に米国民が涙<動画あり>
高齢ひとり身にふりかかる問題とは(写真はイメージ)第4回「ひとり身の人がぶち当たる『身元保証人』という壁」
若いときのひとりと、老いてからのひとりでは、暮らしは変わらなくても、社会の扱いが変わることに気づいたのは、恥ずかしながら60代になってからだ。30代のころは、結婚の2文字に振り回され、鳴門の渦の中だったが、40代の大台に突入した途端にふっきれたというか、シングルは気楽でいいと心から思えるようになり、青空が広がるようになった。

強がるわけではないが、結婚の幸せもあるが、家族に煩わされないひとりの人生は、自由で決して悪くない。ところが、この青空の下の自由が謳歌(おうか)できないときが来るとは、そのときは知るよしもなかった。

待機児童問題に疎かったわたしが「保育園落ちた日本死ね!!!」のニュースを見るまで、その問題の深刻さに気づかなかったように、身元保証人の壁でひとりの人が困っていることに、自分が体験するまで気づいていなかった。

例えば、住まいを借りるとき、入院するとき、手術するとき、介護施設に入るとき、いくら本人に財産があろうが、持ち家であろうが、「身元保証人」を要求される。病院の場合は、身内がいない場合は友達でもいいというところもあるが、それは少ない。ほとんどのところで、身内の身元保証人をたてさせられるのが一般的だ。

身内?どうして身内なのか?既婚者の方は、あまり疑問を持たずに家族の名前を書くことができるだろうが、未婚、特にひとり身の高齢者にとり、これはとても厳しい要求だ。

わたしの場合だが、子供はいない。今のところ4つ年下の弟、といってもおっさんだが、いることはいるので頼むことはできる。しかし、わたしが長生きしたら、サインができる人はいなくなる。猫に頼むという手もある(笑)。

ひとり暮らしの高齢者が多くなる日本社会にあり、未婚でなくても子供のいない人は多くなる。きょうだいはいても、家庭を持ったらきょうだいとはいえ別所帯。ひとりの人の中には、きょうだいには頼みたくない、頼めない人も大勢いる。世の中には、いろいろな人がいるのに、身内の身元保証人を当たり前のように要求するのはいかがなものか。

■賃貸マンションの契約日前夜、契約できないと連絡が

若いころ、わたしは賃貸マンションを転々としてきたが、「身元保証人」がひとりの人の前に立ちはだかるこの問題に気づけなかったのは、父親が生きていたからだ。

20代から自立していたつもりなのに、社会的には「家族」のひも付き扱いだったことになる。なんか、腑に落ちない。

そして、65歳のときに、わたしはついに、ひとり身の不自由さを体験することになる。ある日、事情があり一時的に8万円のワンルームマンションを借りることになった。スイスイと行くと思いきや、契約日の前日夜になり、契約できないという連絡が入った。作家という不安定な職業だからか?持ち家もあり、固定収入もあるのに。急になぜ?納得いかずに、不動産屋さんに聞いてみたところ、大家さんはわたしの年齢で断ってきたというのだ。30代のサラリーマンなら一発合格だという。

「高齢ひとり身の人は死ねというのか!!」と心の中で叫んだ。政治家になって、改革しないといけないと出馬しようと思ったほど、私の怒りは沸騰した。

年をとったら火を出すと危ない、死なれたら困るなどの理由から、賃貸マンション・アパートは借りられないというのは聞いていたが、まさか自分がその目に遭うとは……。

人は誰でも年をとる。年をとればとるほど限りなくひとりになる。2035年、東京では65歳以上の高齢世帯の4割がひとり暮らしになると予測されているのに、身内の「身元保証人」をたてないと、家も貸してもらえないのは問題ではないだろうか。

■60代、ひとり身、年金生活の壁

60代・独身の元大学教授の男性を取材したときのことを話そう。彼は、退職と同時に長年住んでいたアパートを引き払い、新しいところに引っ越す予定でいた。独身なので家を買う発想はなかったという。ルンルン気分で不動産屋を回ったところ、そこで突き当たったのが、60代、ひとり身、年金生活の壁だった。独身?60代?と聞いただけで不動産屋は引いたという。

困った彼は、悪いこととは知りつつ、まだ捨てずに持っていた大学教授の名刺を差し出し、不動産屋を回った。

彼は言った。

「笑っちゃいますよね。大学教授と知るやいなや相手の態度が一変。身元保証人も兄で通りましたよ。兄はわたしよりヨボヨボで施設にいるのにですよ。形式ばかりの日本ですね」

そして、彼は寂しそうな顔をした。

「今の借家から、もう引っ越すことはできないでしょう。もし、立ち退きを迫られることがあったら……そのときは船に乗ってドボンと……死のうと決めています」

本気が伝わり、ドキッとした。

彼を取材してから、かれこれ20年ほどたつ。あの時はわたしもまだ若く、同調することはできなかったが、彼の年を越した今は、彼の気持ちがよくわかる。

名前も忘れたが、いい感じの方だった。生きているのかなあ。本当にドボンしてしまったのかなあ。一緒にお酒が飲みたかった。しかし、残念ながら、あのときから、この悪しき慣習はまったく変わっていない。

実際問題、身元保証人なしで賃貸物件を契約する方法もある。保証会社と契約を結んでいる物件を選ぶことだ。決められた保証料を支払うことで、身元保証人を立てられなくても賃貸借契約ができる。ただし、保証会社は自分で選べないし、物件が保証会社と契約しているかどうかは大家さんの意向なので、一概に利用できるわけではない。

わたしがおすすめするのは、UR賃貸住宅だ。収入や貯蓄額が一定の基準に達しているかなど条件はあるが、身元保証人なしで借りることができるうえ、礼金や仲介手数料、更新料も不要などのメリットもある。人気エリアの物件は家賃も高く空きも少ないが、郊外の古い物件であれば、手頃な部屋が見つかることも多い。

■アメリカでは保証人は必要なし

ちなみに、アメリカでは「人種、性別、障害の有無、結婚の有無」でアパートを貸さないことは法律で禁止されている。もし、そのようなことがあれば、法律違反で訴えることができる。では、大家さんは何を担保にとるかというと、デポジットと呼ばれる通常家賃の2か月分程度の保証金だ。身元保証人は言うまでもなく無用だ。もし、家賃を滞納した場合はどうするかというと、裁判にかける。それで解決。

保証人を必要としないアメリカの考え方は、まともだと思うが、どうだろうか。家族とて個人。従属物ではない。「妻の代わりにわたしが答えます」と平然と言ったどこかの国の首相がいたが、トップがこれではね。

自分の責任は家族や身内ではなく、自分でとるのは、当たり前だと思うのだが、いかがなものだろうか。時代は変わった。家族単位から個人単位にあらゆる制度を見直すときがきている。家族は個人の集合体。妻も、夫も、子供も個人。家族単位の考え方をわたしたちも変えないと、一周まわって、自分の首を絞めることになりかねない。

<プロフィール>
松原惇子(まつばら・じゅんこ)
1947年、埼玉県生まれ。昭和女子大学卒業後、ニューヨーク市立クイーンズカレッジ大学院にてカウンセリングで修士課程修了。39歳のとき『女が家を買うとき』(文藝春秋)で作家デビュー。3作目の『クロワッサン症候群』はベストセラーとなり流行語に。一貫して「女性ひとりの生き方」をテーマに執筆、講演活動を行っている。NPO法人SSS(スリーエス)ネットワーク代表理事。著書に『「ひとりの老後」はこわくない』(PHP文庫)、『老後ひとりぼっち』(SB新書)など多数。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.