くらし情報『神永圭佑×平田裕一郎の同志対談「同じ苦しみを味わって、一緒に強くなれた」』

2018年4月7日 05:00

神永圭佑×平田裕一郎の同志対談「同じ苦しみを味わって、一緒に強くなれた」

舞台で輝きを放ち、生で会える(見られる)俳優が本当に仲のいい俳優を指名してトークする「生で会えるイケメンリレー対談」、通称“生イケ対談”連載。

第31回は神永圭佑さんが平田裕一郎さんを指名! 『週刊女性』本誌(2018年4月17日号)のスペシャル対談の続きを、たっぷりお楽しみください。

神永圭佑×平田裕一郎の同志対談「同じ苦しみを味わって、一緒に強くなれた」
左から神永圭佑平田裕一郎撮影/森田晃博■出会いがストレートな芝居でよかったと思う

――二人の初の差し飲みは中野の串カツ屋さんだったそうですが、どんな話をしたんですか?

平田共通の友達のこととか、『テニミュ』(ミュージカル『テニスの王子様』)の話とか。あとは『トンマッコルへようこそ』(二人が共演した、劇団桟敷童子東憲司さん演出の舞台)の現場が、最初“大丈夫かな”ってう不安もあったので。「お互いに支え合おうぜ」みたいな話をした記憶はありますね。

神永うん。お互いに頑張ろうねって話しましたね。

平田でも、稽古(けいこ)中は一緒にいる時間が長かったね。

神永そうでしたね。

平田他の人がやってるときも稽古場にいなきゃいけないという、劇団桟敷童子さんのスタイルがあったので。だから、お互いの芝居を見る時間も多かったし。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.