くらし情報『バイきんぐ小峠、元カノ騒動の哀愁ブレイクからの〜愛されキャラ確立』

バイきんぐ小峠、元カノ騒動の哀愁ブレイクからの〜愛されキャラ確立

2018年4月7日 16:00
 

バイきんぐ小峠、元カノ騒動の哀愁ブレイクからの〜愛されキャラ確立
バイきんぐ小峠英二
いま、テレビで見かけない日はないぐらい大活躍の芸人、バイきんぐ小峠英二。スキンヘッドと、どこか“おじいちゃん”然としたルックスだ。

「現在は、いじられた時などの『キレ芸』などがウケてます。キレてる時の顔と、笑ったときのクシャっとした顔、そのギャップもなかなかいいですよね」

と、あるテレビ誌記者は言う。

「もともとは、2012年の『キングオブコント』で優勝したことがブレイクのきっかけでした。その時のコントのフレーズ『なんて日だ!』は、流行語になり、小峠さんが番組に出演すると、共演者たちが『なんて日だ!』と言わせるための流れを作るほどでした。でも今は、そのフレーズを言わなくてもいろんな番組でキレまくりのツッコミを披露しています」

小峠が、フリに応じて「なんて日だ!」を連呼するころ、彼の注目をさらにあげたのが、元タレントの坂口杏里との熱愛・破局騒動だ。前出のテレビ誌記者は言う。

「彼女の数々の行動や言動が、世間をドン引きさせるほど破天荒だったことは大きい。破局後、とどめのように坂口はセクシービデオに出演し、それが発売日されると『小峠さん、今の気分は?』『なんて日だ!』と言わされることが何回もありました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.