くらし情報『ほいけんた、明石家さんま公認ものまねタレントが語る「憑依」の瞬間』

2018年4月29日 16:00

ほいけんた、明石家さんま公認ものまねタレントが語る「憑依」の瞬間

ほいけんた、明石家さんま公認ものまねタレントが語る「憑依」の瞬間
ほいけんた
明石家さんまと言えば、62歳になった今でもお笑い界の第一線で大活躍している国民的スタ―。衰えないセンスとパワーから「お笑い怪獣」とも言われるほどだ。そんなさんまをストイックに研究しているこの芸人も、ある意味、怪獣なのかもしれない。再現VTRなどでお馴染み、ほいけんただ。そんな彼のさんまへの思いや、ものまねのこだわりなど、普段口外していないエピソードを語ってもらった。

――まずは、ほいさんが明石家さんまさんのものまねを始めた経緯を教えてください。

ほいけんた(以下、ほい)「今から25年前、わたしはお笑い芸人として六本木のショーパブでステージに立っていました。

当時はMr.マリックさんがブレイクしていた時期で、そのパロディーコントをしていたんです。このときのマリックさんは、おそ松くんに出てくるイヤミのような髪型だったので、振り返るとイヤミになっているというボケをショーの中でやっていたんですよ。

だから当然、出っ歯を付けるじゃないですか。それで出っ歯をつけたら、あれっ、これさんまさんのお面に似てないか?と思ったわけです」

――そこから、さんまさんのものまねをやるようになったと。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.