くらし情報『岡田准一の5億円新居は、元カノ同棲でも世話になった “匠” が手がける和風建築』

岡田准一の5億円新居は、元カノ同棲でも世話になった “匠” が手がける和風建築

2018年4月12日 06:00
 

岡田准一の5億円新居は、元カノ同棲でも世話になった “匠” が手がける和風建築
宮崎あおい
3月下旬、都内の高級スーパーに、岡田准一宮崎あおい夫妻の姿があった。

「ふたりともまったく人目を気にしている様子はなく、野菜などを買い物かごに入れていました」(目撃した女性)

袋を抱えそのまま車に乗り込むと、スーパーから20分ほどの自宅マンションへと帰っていった。今はここが新婚のふたりの“愛の巣”になっているが、今秋には引っ越す予定だという。

「昨年8月には、新居を建設中であることが女性誌で報じられていました。土地は時価3億円、建物も合わせると5億円は下らないと言われていますが、庭木や建築素材にこだわっているそうなので、もっとするかもしれませんね」(スポーツ紙記者)

その土地は近くを小川が流れ、鳥がさえずる。まるで時代劇の城のように、都内にいながら天気がよければ窓から富士山を眺めることもできる。閑静な住宅街にある建築予定地を訪れると、その日も着々と工事が進んでいた。

「報道で、建築内容が記載された看板の話があったのですが、記事が出てすぐその看板は別のものになりました。このあたりは昔から住んでいる人が多いですから、ご近所のことはしゃべらない方が多いですよ」(近所に住む男性)

と、近所の人も“実は知っているけど、あえて言わない”様子。そんな新居は今年10月に完成を予定されているとあって、徐々に全容が見えてきた。

■見えてきた内装

「最近は工事が進んで、骨組みができてきました。昨年末にはまず庭木が入って、立派な一本松が植えられています。土地の半分を庭にして、景観を楽しむみたいですね。2階からはきれいな朝日が見える造りにするようです」(同・近所に住む男性)

豪華な建築内容のウラで、やはり節約できるところはしたかったようだ。

「売り地の段階でもともとあった塀はそのまま残して工事が進んでいます。また、駅からかなり遠い場所で、周りには商業施設もないですから、土地代はほかの高級住宅地よりも安いんですよ」(不動産関係者)

今回の新居のデザインを行っているのは中村拓志氏という男性。いったい、どんな人物なのだろう。

「宮崎さんの前に“結婚目前”とまで言われた元カノ・蒼井優さんと暮らしていたマンションのリフォームを担当したのが彼でした」(芸能プロ関係者)
そんな岡田の心を知り尽くした“匠”が手がける、気になる内装はというと、

「地下と1階は防音や耐震を考えて骨組みにコンクリートを使用していますが、2階の骨組みには夏は涼しく冬は暖かい無垢材を使用。木のぬくもりを生かした邸宅になる予定です。2階の天井は丸太をそのままの形で使用するとか」(岡田の知人)

半年後には、どんな家が完成するのか今から気になる!

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.