くらし情報『池岡亮介「僕には“俳優でいる”ことへの執着心、貪欲さがまだ足りない」』

池岡亮介「僕には“俳優でいる”ことへの執着心、貪欲さがまだ足りない」

2018年4月10日 20:00
 

関連リンク

・“壊れゆく”アイドルたち 支え続けるファン心理とは?
・大手芸能事務所「オスカー」社員大量退社の伏線
・ananの週間占い・御瀧政子がみる来週の運勢は? 4/30〜5/6
池岡亮介撮影/森田晃
日本の演劇界が誇る超個性派、竹中直人さんと生瀬勝久さんがタッグを組む演劇ユニット「竹生企画」といえば、見逃し厳禁の高品質が当たり前。ふたりが興味を引かれた旬な女優をヒロインに迎える、というのがルールだけれど、それ以外のキャストも毎回のお楽しみ。第3弾での注目は、竹中さん演じる主人公の息子、正哉役に抜擢された若手俳優、池岡亮介さんだ。

「オーディションは貴重な体験でした。会場に行ったらいきなり、作・演出の倉持(裕)さんの隣に竹中さんと生瀬さんが座っていらっしゃるんですよ!すごくビックリしました(笑)。そのときに、僕の芝居に対してあまり反応がなかったので、“今回はダメだったかな”と思っていました(笑)」

大きな声を出していたことが幸いしてか、見事、抜擢された池岡さん。脚本を読んでの印象は?

「例えば“火星”というSFチックな響きと一家庭の日常的な生活感を“こうやって組み合わせるんだ!”という驚きがありました。これまでにも倉持さんの作品は拝見させていただいているんですけど、空間や人間心理の切り取り方、その着眼点がすごくユニークなんです。

登場人物がみんな自分の気持ちとは裏腹なことを言いだしたりして、考えていることと言っちゃったことがズレていく。 “この人、たぶん本心と違うことを言っているんだろうな”というぎこちない空間ができあがって、それが絶妙なんです(笑)」

稽古場では、竹中さん、生瀬さんたちから学ぶことだらけだと目を輝かせる。

「竹中さんと生瀬さんの芝居のやりとりを見ていて、“何がこんなに違うんだろうな”と日々、研究中です。僕はふたりとも攻めだと思っていたんですが、今回は生瀬さんが攻めで竹中さんが受け。ひとつのシーンでいろんな表情を見せながら攻防が繰り広げられていくんですけど、おふたりが一気にグンと上がる瞬間があるんです。

そこの空間のつかみ合い、みたいなものを見ているのは本当に面白いですね。意外だったんですが、おふたりはあまりセリフに表情をつけないんです。それなのに、その人のキャラクターや、どういう感情でいるのかが全部伝わってくる。その伝え方は何なんだろう?本当に日々、勉強をさせていただいています」

■だらしなくてダサい役が自分とリンク
池岡さん演じる正哉は、父親の事故で自分の意識に変化を感じるものの、すべてが中途半端な青年だ。親からの自立を決意するもしきれず、彼女(上白石萌音さん)と別れたと言いつつ離れられない。

「本当に普通のやつなんですけど、僕は“こんなウジウジした男にはなりたくない”と思ってしまっています(笑)。自立しようとするところにはすごく共感できるんですが、それも“自立することがカッコいいと思っているだけなんじゃないか”というダサさが見えてきて(笑)。でも正哉のことをだらしないとか卑怯とか言っているのは、僕自身が自分に言っているところもあるのかもしれない。

今、僕もちょうどいろいろな環境が変わってきていて、すごく合致するんです。“自立しなきゃな”と本当に思っていたり。そういう考えに至ったのも、この脚本があってのことかもしれないですし、そう思っている自分のところにこういう役が舞い込んだのかもしれないと思います」

正哉は思い悩む中、“俳優になりたい”という夢をあきらめる(中途半端にだが)。池岡さん自身が俳優を夢見ていたころのこともリンクするのでは?

「いや、僕は“俳優になろう”と思ってこの世界を目指したわけではないんです。高校時代、部活を退部してしまい、勉強に打ち込むしかなくなっていたとき、母が見かねて事務所のオーディションを受けるよう仕向けてくれたことがきっかけでした。それで“俳優になりたい”というワンステップを飛び越えてしまったから、“俳優でいる”ことへの執着心、貪欲さがまだ足りていないと自分でも思いますし、周囲の方にもよく言われるんです。

そういう自分へのもどかしさも、実は正哉とリンクしている部分ですね。僕は後回しにするのがクセで、周囲に迷惑をかけていますし、よくないと自覚しているのになかなか直せないんです。正哉と僕は、影響を与え合っているのかもしれないと思うところがけっこうあります」

この作品に参加することで、池岡さんの芝居に対する執着心、貪欲さに火がつく予感も。

「火をつけたいですね。竹中さんや生瀬さんは毎回違うことをされるので“そんな動き、どこから思いつくんだろう?”って驚くばかりで、その発想力がうらやましいと思うんです。どうやったら面白くなるか。大事なのはそこなんですよね。稽古に入って思い知らされたんですけど、まじめにやりすぎちゃダメなんだなと。みなさんがどれだけ遊び心を持ってやっているかというのを稽古場で知って、“まじめに考えすぎていたなぁ、僕に欠けているのは遊び心だ”と痛感しました。勉強するだけじゃなくて、僕がこの作品に役に立てることをちゃんと追求していきたいと思っていますが、それをクリアしたうえで、千秋楽までどれだけ遊び心を持てるか、面白がってできるか。そればっかりを考えていられるようになっていたいです!」

<出演情報>
『火星の二人』
生瀬勝久さんが「竹中直人さんと芝居がやりたい!」と欲したことから生まれた演劇ユニット「竹生企画」の第3弾。作・演出は前2回と同様、倉持裕さん。大事故から奇跡的に生き延びた男(竹中)の家に、同じ事故から生還した男(生瀬)が訪ねてきたことから起こる波乱を、絶妙なセリフの応酬で描く。4月10日〜25日、東京・シアタークリエにて上演。その後、大阪、愛知、富山、石川、長野、宮城、岩手、栃木、新潟、香川、広島、鹿児島、長崎、福岡を巡演する。

<プロフィール>
いけおか・りょうすけ◎1993年9月3日、愛知県生まれ。2009年にデビュー後、舞台・映像などで幅広く活躍。主な出演作品は、舞台『十二夜』、『柔道少年』、『関数ドミノ』、主演映画『1/11じゅういちぶんのいち』、ドラマ『メディカルチームレディ・ダ・ヴィンチの診断』、『本日は、お日柄もよく』、『沈黙法廷』など多数。

<取材・文/若林ゆり

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.