くらし情報『梶芽衣子71歳、若さや美しさの評価の壁にぶつかった過去も「未来は必ず開ける」』

梶芽衣子71歳、若さや美しさの評価の壁にぶつかった過去も「未来は必ず開ける」

2018年4月14日 17:00
 

関連リンク

・藤田ニコル、自身監修のウエディングドレス姿披露 婚期遅れる“ジンクス”気にせず
・水原希子、“体型への指摘”に切実な訴え “太る努力”も告白
・永尾まりや、アヒージョは脂だけすする「具は飾り」 超偏食ぶりに驚き&心配の声
梶芽衣子撮影/廣瀬靖
「今度こそダメだと思うことも多々ありましたけど、自分でもあきれるほどの勇気と決断力で人生を切り開いてきました」

山あり谷ありの女優人生をそう振り返るのは梶芽衣子(71)。

芸能界入りしてから半世紀以上の生きざまを記した自伝『真実』(文藝春秋)を出版。

43年ぶりのオリジナルフルアルバム『追憶』も4月18日に発売予定と、70歳を越えても女優の枠を越えた活動をしている。

1960年代の日活時代は、石原裕次郎らと共演して、’70年代には任侠映画に多く出演。『女囚さそり』シリーズではセリフがほとんどなく、独特の目ヂカラで存在感を放っていたが、

「役のイメージから、ずいぶんと誤解されてきたんですよ。実際の私は、あんなにイヤな女ではないと思いますよ」

’80年代に入るころにはテレビドラマへの出演も増え『鬼平犯科帳』では、密偵・おまさ役を30年近く演じた。

近年は映画『キル・ビル』のクエンティン・タランティーノ監督の“憧れの女優”としても知られるように。

「私は、はっきりとものを言う性格なので損もしてきたと思います。女優という仕事も向いていないと思いながら続けてきました。でも、その場その場で、スパッと割り切って決断をしてきました」

■人生で唯一、悔いが残っていること

女性特有の悩みもあったようだ。

「女優は男優に比べて年齢を重ねると、若さや美しさがなくなったと評価が下がることが多く、私もその壁にぶつかり苦しんできました。

仕事や育児でもそういう悩みにぶつかる女性は多いと思いますが、未来は必ず開けるという気持ちがあれば何とかなると思います」

そんな梶のモットーは、「後悔を引きずるのは嫌い」「気持ちが落ち込むことはあっても、ひと晩で忘れるようにする」だが、ひとつだけ心残りが……。

「結婚して子どもを産むことができなかったのが私の人生で唯一、悔いが残りますね」

40年前の週刊女性では、26歳ごろに結婚寸前だった男性との別れについて、

「あんなに疲れる恋はもうこりごりよ」

と告白。

現在まで独身を貫いているが、その傷はまだ癒えていないのだろうか。

「これからも恋はしていきますよ。恋をしないと人生やっていけませんから。でも今、ステキだなと思える男性はいませんね!」

ちゃめっ気たっぷりに語るが、かつては「結婚は80歳で」という理想があったという梶。70代の10年間は、その実現に向けてさらに活躍することになりそう。

■11種類を使い分ける! 歯磨きマニアの一面も

上の奥歯を磨く子ども用のアンパンマン歯ブラシから、日本では購入できない強力な洗口液。歯間ごとに異なるデンタルフロスまで、たくさんの歯磨きグッズを常用している梶。健康と美の秘訣だとか。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.