くらし情報『長谷川京子、超名門小学校の入学式で夫と乗り切った暗黙の「ドレスコード」』

長谷川京子、超名門小学校の入学式で夫と乗り切った暗黙の「ドレスコード」

2018年4月9日 22:30
 

長谷川京子、超名門小学校の入学式で夫と乗り切った暗黙の「ドレスコード」
長谷川が校門前で知り合いのママ友を見つけた際には満面の笑みで手をふるなど終始、笑顔の様子だったという
4月上旬の朝、これまでの温かい陽気とは打って変わって、肌寒かったこの日。都内の名門私立小学校の入学式に姿を現したのは、長谷川京子と『ポルノグラフィティ』でギターを担当する新藤晴一夫妻。

長谷川は薄手のコートをはおり全身黒で統一したフォーマルな服装で、メイクもすっぴん風。晴一も上下黒のスーツでシックに決めていた。

「私立には暗黙の“ドレスコード”があって、地味めで上品な服装にするのがマナーなんです。ここで悪目立ちしてしまうと、まわりのママの印象がずっと悪くなるので……。この入学式で、6年間の学校生活が決まると言っても過言ではないんです」(子どもを私立に通わせる主婦)

長谷川は校門前で知り合いのママを見つけたようで、“あら~!”と満面の笑みで手を振っていたという。

一部では昨年、彼女がお受験に備えてドラマ出演を見送ったとも報じられた。

「長谷川さんも長女の受験のために、自分のことは二の次にしていたんだと思います。この気持ちはパパにはわからない(笑)。そりゃ満面の笑みになりますよ」(式に参加した保護者)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.