くらし情報『北川景子、初出演の大河ドラマで『篤姫』熱演を支える宝塚愛』

北川景子、初出演の大河ドラマで『篤姫』熱演を支える宝塚愛

2018年4月19日 21:00
 

北川景子、初出演の大河ドラマで『篤姫』熱演を支える宝塚愛
北川景子
NHK大河ドラマ『西郷どん』で、徳川家を支える篤姫を演じる北川景子。将軍・徳川家定又吉直樹)の正室となり、やがて大奥を取り仕切るという重要な役どころだが、実は大河ドラマは今回が初出演。

4月7日に出演したNHKの『土曜スタジオパーク』では、「毎日30~40分歩いている」と体力維持のために早歩きしていることを明かした。

「撮影当初は着物とかつらが重く、さらに薩摩弁の発音にも苦労していたそうで、眠れなかったこともあったといいます。最近は家定役の又吉と役柄同様に和気あいあいとした雰囲気です」(テレビ誌ライター)

ドラマでは家定と篤姫はお互いに見守り合いながら、にこやかに過ごすイメージで描かれているという。

「家定は心優しく、才能豊かな人物として描かれていますが、又吉さん自身も作家であり、お笑い芸人。それだけでなくファッションや絵にも詳しく、北川さんとも話が合うようです」(ドラマスタッフ)

北川と言えば大の宝塚ファン。3月に出演した『あさイチ』(NHK)でも、自宅で夫のDAIGOと一緒に宝塚歌劇団の有料チャンネルを見て楽しんでいると語っている。

DAIGOと一緒に歌ったり踊ったり、せりふを言ったりしながら放送を楽しんでいるそうです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.