くらし情報『マリウス葉、キャンパスで着るスウェットの「お値段」に周囲の学生ら驚愕』

マリウス葉、キャンパスで着るスウェットの「お値段」に周囲の学生ら驚愕

2018年4月25日 04:00
 

「マリウスくん見たさに近づく女子学生も多く、“式が始められないので着席してください”というアナウンスが流れるほどの混乱ぶりでした」(式に参加した男子学生)

4月9日に行われた上智大学の入学式で、女子学生たちが大騒ぎ。Sexy Zoneのマリウス葉が、スーツ姿で国際教養学部の入学式に参加していたのだ。

彼が入学した学部はすべて英語で授業が行われ、授業出席はもちろんのこと、小テストの成績も進級に関わるという厳しい学部。最近では、先輩である岡本圭人が退学処分となったことで注目された。

卒業するのはなかなか難しそうだが、4月中旬からはさっそく授業が始まり、初回の授業を受けにきていた。

「ずっと同じ場所をウロウロしていて困っている人がいたので声をかけたら、なんとマリウスくん!最初の授業で教室がわからなかったみたいですね」(目撃した女子学生)

戸惑いはあったものの、出席重視の学部なので連日授業に出席している。友達もできたようで、教室では“マリウス、隣に座っていい?”と男子学生から声をかけられていた。この日のランチは、友人とカレーを食べていて、

「カレーにかけるソースをじっくり選んでいましたよ。テラス席で友達と談笑していたのですが、会話はすべて英語でしたね」(目撃した別の女子学生)

すっかり溶け込んでいるようだが、私服はドクロのバックプリントが入ったモッズコートに、バーバリーのスウェットパンツ。

このスウェットのお値段はなんと7万3968円。ほかの学生とはひと味違う着こなしがやっぱり目立っちゃうみたい。

キャンパス内では女子学生が騒いでいる中で、少し恥ずかしそうにしていることもあるそうだが、授業では実力を発揮している。

「帰国子女が3割の学部ですが、読み書きは得意でもスピーキングは苦手という日本育ちの学生も多い。でも、1回目の授業からマリウスくんはすべて英語で受け答えをしていて一目置かれる存在になりました。語学力はかなり優秀ですよ」(在学中の男子学生)

ドイツ生まれのマリウスは、高校ではインターナショナルコースに通っており、今までも授業はすべて英語だったそう。

環境の変化のない学部で学生生活を謳歌するのだろう。アイドルと学業の両立は大変そうだが、セクゾには慶應大卒の菊池風磨と明治学院大卒の中島健人がいることだし、きっと大丈夫、だよね!?

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.