くらし情報『月9ドラマ『コンフィデンスマンJP』はテンポ勝負!「セリフのスピードは1.5倍速で」』

2018年4月29日 20:00

月9ドラマ『コンフィデンスマンJP』はテンポ勝負!「セリフのスピードは1.5倍速で」

月9ドラマ『コンフィデンスマンJP』はテンポ勝負!「セリフのスピードは1.5倍速で」
(c)フジテレビ
長澤まさみ東出昌大小日向文世が演じる3人の個性的な信用詐欺師が、あの手この手で大物悪人たちをだまして大金を巻き上げる痛快エンターテイメントコメディードラマ。『リーガル・ハイ』の古沢良太脚本によるスケール感あふれるだましのテクニックと見どころをプロデューサーに直撃!

フジの看板枠”月9“に長澤まさみが11年ぶりに主演。長澤演じる破天荒なダー子と、月9初出演の東出昌大扮する小心者のボクちゃん、演技巧者の小日向文世が百戦錬磨のリチャード役と、個性豊かな3人のコンフィデンスマン(信用詐欺師)が、壮大かつ奇想天外な計画のもと、欲望にまみれたターゲットから大金をだましとっていく。

ちなみに、月9定番の恋愛要素はゼロという。

「ダー子たちが強欲なターゲットをだましていく過程を楽しむ痛快エンターテイメントコメディーです。本作は本当に面白いです!」

と、草ヶ谷大輔プロデューサー。

構想に2年をかけ、脚本は『ALWAYS 三丁目の夕日』『リーガル・ハイ』などの古沢良太が手がける。3人が演じる数々のキャラクターや扮装、毎回登場する大物ゲスト、スケール感が注目ポイントだ。

「当初、企画のテーマにしたのは”○○史上、もっとも○○“。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.