くらし情報『貫地谷しほり、自分で行う作中メイクの“こだわり”を語る「いかに隠すかが大事」』

2018年5月11日 18:00

貫地谷しほり、自分で行う作中メイクの“こだわり”を語る「いかに隠すかが大事」

貫地谷しほり、自分で行う作中メイクの“こだわり”を語る「いかに隠すかが大事」
貫地谷しほり撮影/佐藤靖彦
「私も和都と同じで”心でっかち“な部分があって。頭ではわかっていても、感情を優先してしまうのはすごい似ているなと思います。あと、お調子者のところもちょっとだけ……(笑)」

HuluとHBO Asiaの共同製作ドラマ『ミス・シャーロック』で、橘和都役を演じる貫地谷しほり(32)。シャーロック(竹内結子)に振り回されながらも、ときにシリアスに、ときにコミカルにバディとして支え合い、事件を解決していく。

「実は今回、私の中にテーマがあって。今まで、和都のようなコミカルで情に弱い人間を何度かやらせていただいていて。だからこそ集大成を出したい気持ちがすごく大きかったんです。会話のテンポも、少しの差で面白さが変わってしまうので”ここ遅かったらダメだ“とか、自分の中で常に意識して演じていました」

普段から作中のメイクやヘアを自分でやるなど、プロとしてのこだわりがうかがえる。”仕事命でずっと生きていた“と語るが、そんな彼女でさえ、

「仕事を辞めたいと思ったときは、しょっちゅうあります。でも、何かほかに才能があるわけでもなく、10代からこの仕事しかしてこなかったので、ほかに何をしたらいいのかわからなくて。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.