くらし情報『仲本工事・加藤茶・高木ブーら出演CMの“タライCG疑惑”に広報担当者が回答』

2018年5月14日 05:00

仲本工事・加藤茶・高木ブーら出演CMの“タライCG疑惑”に広報担当者が回答

仲本工事・加藤茶・高木ブーら出演CMの“タライCG疑惑”に広報担当者が回答
CMに出演している3人。左から高木・加藤・仲本
本木雅弘宮沢りえによる時代劇風の物語が毎回話題をさらっている、サントリーの緑茶『伊右衛門』のコマーシャル。

「心にざわつきを抱えた現代人が、江戸時代の伊右衛門夫妻の茶屋を訪れ、お茶を飲んでホッとして心を軽くする」をテーマに作られた新CMは、第1弾に草彅剛を迎えたことでも注目されたが、それ以上に世間を賑わせているのが第2弾。

というのも、高齢になったザ・ドリフターズのメンバー、仲本工事加藤茶高木ブーの3人が過去を彷彿(ほうふつ)とさせるような“タライ落とし”のシーンに挑戦しているからだ。

ザ・ドリフターズと言えば伝説のバラエティー番組『8時だョ! 全員集合』(TBS系)で活躍した5人グループ。今回のCMでは同番組のネタを交え、これまでを振り返るようなセリフも登場しているが、撮影現場も終始、笑いに包まれていた。

「宮沢さんが“3人そろうと迫力がありますよね”と加藤さんに言うと、照れくさそうに笑っていました。“まさか伊右衛門にタライが落ちる日がくるなんて……”と宮沢さんは今までのシリーズを振り返り、懐かしむと同時に斬新さに驚いている様子でしたね」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.