くらし情報『“おっさん” たちのマジ恋愛に夢中!でも、ふと気がついた「もしも夫がゲイだったら」』

2018年5月19日 18:00

“おっさん” たちのマジ恋愛に夢中!でも、ふと気がついた「もしも夫がゲイだったら」

しかもすべて男から、というBLドラマなのだ。

そもそもは2016年の年末に、スペシャルドラマとして放送されたこの作品。林遣都ではなく、落合モトキが演じていたのだけれど、田中圭吉田鋼太郎は据え置き。まさかの連ドラになって帰ってきたわけだ。テレ朝、やるなぁ。

制作陣をちらりと見ると、女性プロデューサーが多数。視聴率はとるけれど、何の変哲もない定番モノばかり放送しとるテレ朝に、「他がやらないテーマのドラマを!」と、気骨ある女性たちがいたことを頼もしく思う。

じゃあ、どこにアラートが鳴るのか。おっさんたちが真剣に恋愛模様を繰り広げるだけなら、鳴りようもないのだが、実はとても重要な役割を果たしている女性がいるのだ。吉田鋼太郎の妻を演じる大塚寧々である。

■もしも夫がゲイ(バイセクシャル)だったら

大塚寧々の役どころとしては、鋼太郎と結婚30年を迎えた妻だ。糟糠の妻かどうかはわからないが、着々と出世をして部長にまで上り詰めた鋼太郎を支え、30年という長い年月を共に過ごしてきたパートナーである。ところがある日突然、鋼太郎から離婚を切り出される。土下座までされる。理由を聞きだしたところ、「好きな人ができた」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.