くらし情報『<哀悼掲載>西城秀樹さんが教えてくれた「ありのままの自分を生きる」ということ』

<哀悼掲載>西城秀樹さんが教えてくれた「ありのままの自分を生きる」ということ

2018年5月25日 21:30
 

<哀悼掲載>西城秀樹さんが教えてくれた「ありのままの自分を生きる」ということ
新曲の歌詞に熱い思いを託し、スクリーンを背にして逆光で熱唱する西城秀樹
*この記事は『週刊女性』2012年12月4日号に、6ページにわたって掲載された「人間ドキュメント・再発した「脳梗塞」西城秀樹さん」をニュースサイト『週刊女性PRIME』に転載したものです。

舞台中央にリフトに乗った秀樹のシルエットが浮かび上がると、会場から歓声とともに拍手が沸き起こった。

HIDEKI SAIJO

CONCERT 2012

心響 ―KODOU―

2度目の脳梗塞で倒れてから1年も待たずに西城秀樹がステージに帰ってきた。

2本の脚でしっかり立ち、片腕をまっすぐ上に上げ、静かにオープニングナンバーの『蜃気楼』を歌い始める。

まるで自らの心情を歌に託すかのように─。

崩れゆく灰のよう

俺を呼ぶ叫び声

今確かに聞こえる

もう一度だけなら

立てる気がした

焦げつきそうなこの身体

闇に塵の世

一筋の光求めて

スクリーンに映し出される歌詞が胸に迫る。未発表の新曲とはいえ、この歌には、苦しいリハビリに耐えて復活にかける秀樹の思いが、痛いほど込められていた。

2曲目からはリフトを降りてステージに。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.