くらし情報『がん予防に効くのはコーヒー? 菓子パン? バイアグラ!? 目からウロコの健康常識』

がん予防に効くのはコーヒー? 菓子パン? バイアグラ!? 目からウロコの健康常識

2018年5月26日 19:00
 

がん予防に効くのはコーヒー? 菓子パン? バイアグラ!? 目からウロコの健康常識
※写真はイメージです
巷にあふれ返った“健康常識”はウソ? ホント? 日本人の死亡原因1位の座に君臨し続ける、憎っくき「がん」にまつわる都市伝説を、3人の医師らがQ&A形式でわかりやすく解説します。

■バイアグラで大腸がんを予防できる?

「ホントです。マウスによる実験では、バイアグラで大腸がんを防いだという結果が出ています。ただし、人間を対象とした研究ではないので、オススメはしません」

と、医学ジャーナリストの植田美津恵先生。米ジョージア大学の研究によると、マウスの飲み水にバイアグラを入れたところ、がん化するおそれがある腫瘍性ポリープが半減したという。

「バイアグラのほかに、鎮痛剤で知られるアスピリンにも、がんを防ぐ効果があるといわれています。とはいえ、大腸がんを防ぐために、バイアグラをせっせと飲むのは論外。ほかの方法でも予防できますし、服用には慎重になったほうがいいでしょう」

■菓子パンやスナック菓子はがんのリスク増?

小腹が減ると、つい手がのびてしまうけれど、

「ホントです。砂糖や油脂分、塩分を多く含み、保存料が添加された『超加工食品』の摂取量が多いと、多くのがんのリスクが高まるといわれています」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.