くらし情報『佐々木希、夏菜…ドラマ『デイジー・ラック』はアラサー女子の“あるある”ギッシリ』

佐々木希、夏菜…ドラマ『デイジー・ラック』はアラサー女子の“あるある”ギッシリ

2018年5月24日 22:00
 

佐々木希、夏菜…ドラマ『デイジー・ラック』はアラサー女子の“あるある”ギッシリ
『デイジー・ラック』(c)NHK
『逃げるは恥だが役に立つ』の海野つなみ原作を同名ドラマ化。仕事や恋に悩みながら奮闘する幼なじみ4人のアラサー女子を佐々木希、夏菜、中川翔子徳永えりが演じている。4者4様の“こじらせ”っぷりと撮影秘話をプロデューサーに直撃!

■『逃げ恥』作者が描く
リアルアラサー女子

4人のアラサー女子の仕事、恋を通した幸せ探しを描いたドラマ。原作は、『逃げるは恥だが役に立つ』の海野つなみ

会社が倒産、恋人にもフラレ人生をリスタートする主人公の楓役を佐々木希、楓の同級生で“ひなぎく会”のメンバー、薫役を夏菜、ミチル役を中川翔子、えみ役を徳永えりがそれぞれ演じる。

原作は全2巻のため、連続ドラマ化にあたってはエピソードを膨らませるなど苦心。企画したアラサー世代の芳川茜プロデューサーは、こう語る。

「原作には描かれてない部分も、きっとこうなんだろうなと想像させてくれる奥行きがあるんです。同世代だからこそわかる感覚を生かしつつ、それを抽出し、楓をはじめキャラクターたちのちょっとしたリアクション、つい口をついて出る言葉にもウソがないように心がけて作っています」

仕事と恋人の両方を失い、幼いころの夢だったパン職人として奮闘する楓、キャリア志向の薫、フリーのバッグ職人のミチル、専業主婦のえみは事あるごとに集まって、悩みや喜びを共有している。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.