くらし情報『広瀬香美、前事務所の芸名使用禁止は「嫌がらせ」“法律の神様” が下した答えとは』

2018年6月4日 20:00

広瀬香美、前事務所の芸名使用禁止は「嫌がらせ」“法律の神様” が下した答えとは

するとその翌日には、前事務所の代表取締役・平野ヨーイチ氏が会見を開いた。

「平野氏は“芸名使用は弊社社長に権利がある”という覚書にサインをさせていると説明しました。この独立騒動は泥沼状態ですね」(前出・芸能プロ関係者)

前事務所に芸名の使用禁止を強いる法的な根拠はあるのか─。芸能トラブルに詳しい、レイ法律事務所の河西邦剛弁護士に話を聞いた。

「事務所はタレントに資本を投下して育てるわけですから、それを回収する権利があります。ですが、広瀬さんはこの事務所で30年近くも芸能活動を続けています。資本は十分に回収できているので、法的には認められにくいでしょう。広瀬さんが一方的に契約を終了させたとしても同様です」

たとえ覚書があったとしても、差し止め請求が認められる可能性はかなり低いという。

「“辞めたら芸名を使わせない”は、“事務所の言うことを聞け”ということ。これはもう嫌がらせですよね」(河西弁護士、以下同)

ローラや真木よう子清水富美加など事務所とトラブルになる芸能人が増えている。「タレントは芸能事務所の労働者なのか、フリーランスの個人事業主なのかという位置づけは、これまでは法律的に空白地帯だったため芸能事務所のほうが優位でした。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.