くらし情報『野村宏伸53歳、“しくじり”から変わる意識「娘が20歳になるまでは頑張らないと」』

2018年6月9日 17:00

野村宏伸53歳、“しくじり”から変わる意識「娘が20歳になるまでは頑張らないと」

野村宏伸53歳、“しくじり”から変わる意識「娘が20歳になるまでは頑張らないと」
野村宏伸
「舞台ではどちらかといえばコメディーを中心にやっていたので、犯人役と聞いて新鮮でしたし、面白そうだなと思い(出演を)お受けしました」

こう語るのは、野村宏伸(53)。

彼が出演する舞台『希望のホシ2018』は、元宝塚男役スターの緒月遠麻、池田努、金児憲史らによる刑事劇の続編。3年ぶりの上演に参加する野村は、記憶喪失になった元暴力団員を演じる。

「前半と後半でキャラクターがガラリと変わっていくので、2役みたいな感覚です。

題名どおりのストーリーになっていて、犯人であっても希望があり、救われる部分があるんです。見てくださったお客さんが元気になってもらえるような作品になっていると思います」

1984年に映画『メイン・テーマ』で薬師丸ひろ子の相手役でデビュー。初舞台は、’99年の『太陽と月に背いて』で主演した。

「それまでは舞台をお断りしていました。映画でデビューしたこともあって映像にこだわっていました。

映画はワンシーンワンカットで、撮り直すこともできるけど、舞台はスタートしたら最後までノンストップで演じ切らないといけない。当時の僕には舞台ができる自信がなかった。できない不安や(セリフを)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.