くらし情報『満島ひかり、舞台降板で“お騒がせ女優”のレッテル貼りをするのはいかがなものか』

2018年6月9日 16:00

満島ひかり、舞台降板で“お騒がせ女優”のレッテル貼りをするのはいかがなものか

満島ひかり、舞台降板で“お騒がせ女優”のレッテル貼りをするのはいかがなものか
満島ひかり
満島ひかりが出演予定の主演舞台を降板したと、一部スポーツ紙が報じた。

問題の舞台は11月に公演されるシェークスピアの戯曲『ロミオとジュリエット』。

記事によれば、同舞台は、ジュリエットを演じたいと、満島自ら企画を持ち込んだのだという。脚本、演出は宮藤官九郎が手掛けるという。

いったい彼女に何があったのか。満島の事務所は降板に関して、体調不良や、スケジュールの関係、本人が最後までやり遂げる自信がないなどの理由を挙げていたようだが……、

「先月には、中越典子が健康上の理由で舞台降板を発表していますが、最近の舞台降板といえば、3月に森田剛と結婚した宮沢りえ。彼女の場合は妊娠を疑われています。舞台ではありませんが映画の撮影開始直前に降板した真木よう子が似たような理由でしたね」(ワイドショースタッフ)

昨年の11月、真木は出演予定だった映画を突然降板した。所属事務所は、真木の体調不良を理由に、長期にわたる撮影が無理だとし、やむなく降板を決定、ファンや関係者に謝罪している。

年が明けて、真木は所属事務所から独立、

「事務所は、本人との考え、方向性について相違があったため、契約を終了したことになっていますが、簡単に言えば、扱いにくい、マネージメントしにくいから、一緒にやっていけなくなったと言うことでしょう」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.