くらし情報『90年代“3M” 宮沢りえ、観月ありさ、牧瀬里穂 高須院長が劣化度を危惧』

2018年6月9日 12:00

90年代“3M” 宮沢りえ、観月ありさ、牧瀬里穂 高須院長が劣化度を危惧

という意見がよく上がるのですが、中でも特に劣化が激しい人は誰でしょうか?

高須「ズバリ宮沢さん!でも女優として他の方にないものを持っているし、ハーフ独特の透明感もある。そこに森田さんはひかれたんでしょうね」

――結婚して幸せの絶頂だと思いますが、宮沢さんがひときわ老けてしまった理由はやはり……。

高須「激ヤセしたからでしょう!もっと太りなさいよと言いたい!でも話題の舞台にしょっちゅう出たり、芸能活動の消費カロリーも一番高そうだよね。ここまでヤセちゃうと肌もパサついてシワっぽく見えるし、きれいな丸顔は見る影もないよ」

――この年齢になると、ヤセることは健康維持でもありますが、老化の要因にもなるんですね。ところで、美人度的にこの3人の昔と今をランク付けするなら、いかがでしょうか?

高須「まず、若い頃のランキングは上から宮沢さん、観月さん、牧瀬さんだね!宮沢さんはハーフの良い部分が十分に出た、文句なしの美少女でしたし。次点は小顔で驚愕スタイルの観月さん、最後に身近な可愛さが魅力の牧瀬さんでしょう」
――では今は?

高須「まぁ割と維持している観月さん、ちょっとゴツくなった牧瀬さん、そしてすごくしぼんだ感じになっちゃった宮沢さんの順番です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.