くらし情報『紀州のドン・ファン事件 “結婚の多様化” は今さら驚かないが、若いってすごいよね』

2018年6月13日 16:00

紀州のドン・ファン事件 “結婚の多様化” は今さら驚かないが、若いってすごいよね

テレビを見ていて「ん?今、なんかモヤモヤした……」と思うことはないだろうか。“ながら見”してたら流せてしまうが、ふとその部分だけを引っ張り出してみると、女に対してものすごく無神経な言動だったり、「これはいかがなものか!」と思うことだったり。あるいは「気にするべきはそこじゃないよね〜」とツッコミを入れたくなるような案件も。これを、Jアラートならぬ「オンナアラート」と呼ぶことにする。(コラムニスト・吉田潮

紀州のドン・ファン事件 “結婚の多様化” は今さら驚かないが、若いってすごいよね
イブちゃんの死因特定へ 野崎幸助さんの自宅に入る捜査員=7日午後、和歌山県田辺市(写真/共同通信社)

オンナアラート #14 紀州のドン・ファン
紀州のドン・ファン。キシュウノドンファン。競走馬のような呼称が連呼され、テレビ界を席巻している。

日大アメフト部はどうした?官僚のセクハラはどうした?貴乃花はどうなった?あっという間に潮目が変わるテレビのワイドショー。各局どこも一気に同じ内容になり、連呼される文言も気味が悪いほど揃う。

さて、この野崎幸助氏が亡くなった事件。解剖の結果、覚醒剤を盛られた疑惑が浮上し、登場人物もサスペンスドラマ2時間モノ並みに広がりつつある。

妻、妻の母、妻の友人たち、家政婦、家政婦元夫、番頭に女衒(ぜげんって!今の時代もいるんだ)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.