くらし情報『片山晋呉のワガママ目撃談、“不適切”な行為はゴルフだけじゃなかった』

2018年6月11日 17:00

片山晋呉のワガママ目撃談、“不適切”な行為はゴルフだけじゃなかった

片山晋呉のワガママ目撃談、“不適切”な行為はゴルフだけじゃなかった
片山晋呉(写真/共同通信)
男子ゴルフの永久シード選手で、5度の賞金王にもなった片山晋呉の不適切な行為が物議を醸している。

片山は5月30日に行われた日本ツアー選手権森ビル杯のプロアマ戦でアマチュアの招待客に不愉快な思いをさせ、プレーを断念させたという。日本ゴルフツアー機構(JGTO)の青木功会長や石川遼選手会長は極めて深刻と受け止め、今後、片山に対し懲戒・制裁委員会で処分を検討すると発表した。

「片山は招待客に対してポケットに手を入れたまま話をしたり、グリーンでの客のライン読みをせずに自身の練習の方を優先するなどの態度をとったそうです。

招待客はそうした片山の態度に対し激怒し、わずか3ホールで帰ったそうです。JGTOの準則には『(プロアマで)同伴アマチュアに不適切な対応をしたり、不快感を与えるような態度をしてはならない』と明記されていますから、片山には重い処分が下される可能性が高いのでは」(スポーツ紙記者)

今年から新選手会長に就任した石川は選手の意識改革として、ファンサービスの充実やプロアマ大会での招待者へのおもてなしを明確に打ち出したばかり。その矢先の“不祥事”だ。

「片山はプロ転向から約23年、日本を代表するプレーヤーとして実績も申し分ないのですが、以前からプレーマナーやファンサービスの態度の悪さは問題視されていました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.