くらし情報『織田裕二&鈴木保奈美、27年ぶりの共演に「期待しすぎは禁物」の理由』

2018年6月16日 17:00

織田裕二&鈴木保奈美、27年ぶりの共演に「期待しすぎは禁物」の理由

織田裕二&鈴木保奈美、27年ぶりの共演に「期待しすぎは禁物」の理由
鈴木保奈美織田裕二
織田裕二鈴木保奈美が、ドラマ『東京ラブストーリー』以来、27年ぶりに共演する予定であることが、話題を集めている。

10月スタートのフジ月9ドラマで、織田裕二が08年の『太陽と海の教室』以来10年ぶりに主役を演じると報じられた。

内容は、アメリカの人気ドラマ『SUITS』のリメイク作品とのこと。エリート弁護士と天才的な部下がタッグを組み活躍するというもの。その弁護士役を織田裕二、部下をHey! Say! JUMPの中島裕翔が演じるとされている。鈴木保奈美は、織田が演じる弁護士事務所の所長役として出演するというのだ。

「ずっと実現しなかった、カンチとリカの共演、しかも月9。相当な驚きですね」

と、あるテレビ関係者は言う。

■逆に足を引っ張る可能性も

「依然苦戦の続くフジ、近年ヒット作に恵まれない織田さんにとっても、期待するところは多いのではないでしょうか」

公式発表もない段階での盛り上がりから、その期待がうかがえるが「いくら伝説の月9コンビとはいえ、期待しすぎは禁物です。ただかつての2人が共演というだけでは少し厳しい気もします」と、前出のテレビ関係者は言う。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.