くらし情報『医療保険は払うと損、個人賠償責任保険は入るが吉!? 今すぐ知りたい保険見直し術』

2018年6月24日 09:00

医療保険は払うと損、個人賠償責任保険は入るが吉!? 今すぐ知りたい保険見直し術

そこに、大学卒業までの教育費をプラスして。ちなみに教育費は、小学校から高校までオール公立、大学のみ私立文系で自宅通学なら1人あたり1000万円というのが目安です」

この金額から、公的年金でもらえる遺族年金、すでにある預貯金、妻が稼げる金額を引けば、必要保障額を計算できるという。できれば、子どもの進学や独立などライフスタイルが変わるたびに、こまめに保障の見直しをしたいところ。

ただ、この計算をするのは大変そう、と尻込みをする人も多いことだろう。そこで、ライフスタイル別に必要保障額の目安も長尾さんに教えてもらった。

◎小さい子どもがいる家庭
子ども1人あたり2000万円プラスα。子どもの独立が近いなら減らす。

◎子どもがいない家庭
教育費がないので、大きな保障は必要なし。夫婦の収入のバランスに応じて、200万〜1000万円の定期保険を用意しては。

◎自営業
自営業やフリーランスの場合、厚生年金に加入している会社員よりも、もらえる遺族年金が少ない。そのため必要保障額に1000万円ほどプラスして。

◎家を購入した
ローンを組む際に「団体信用生命保険」に加入しているはず。借りた本人が亡くなった場合、ローンの返済が免除されるので、死亡保障額を減らしてもいい。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.