くらし情報『医療保険は払うと損、個人賠償責任保険は入るが吉!? 今すぐ知りたい保険見直し術』

2018年6月24日 09:00

医療保険は払うと損、個人賠償責任保険は入るが吉!? 今すぐ知りたい保険見直し術

「特に収入保障保険は、子どもの成長とともに保障額が自動的に減っていくので、無駄がなく安上がりです」(長尾さん)

■病気やケガに備える見直し術

「私は、病気やケガによる手術・入院など“起きたとしても出費が少ないリスク”には、貯蓄で備えたほうがいいと考えています」

と長尾さん。手術や入院の出費が“少ない”ってどういうこと?

「公的な健康保険には『高額療養費制度』というものがあり、1か月の医療費が一定額ですむようになっています。私が2週間入院・手術したときは、高額療養費制度が適用された医療費、差額ベッド代、食費で計14万円ですみました」
でも14万円って、けっこうお高い金額では?

「では、医療保険の保険料と比べてみましょう。保険料月額4500円の医療保険(入院日額1万円・上限60日タイプ)に加入していたとします。14日間の入院だと、手術給付金と合わせて24万円が受け取れますが、保険料を10年払い続けると50万、20年で100万円を超えます。元が取れるとは考えにくい。

だったら、医療保険は解約して、保険料分を貯蓄したほうがいいのでは?30万円ほどキープしておけば、短期入院であればなんとかなります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.