くらし情報『足立梨花 「何かが足りない」と言われ続け、見つけ出した自分のイメージ』

2018年6月21日 16:00

足立梨花 「何かが足りない」と言われ続け、見つけ出した自分のイメージ

足立梨花 「何かが足りない」と言われ続け、見つけ出した自分のイメージ
足立梨花撮影/佐藤靖彦
「ずっと新人気分でしたが、デビューしてから10年たつなんてビックリ」

中学3年生のときに『ホリプロタレントスカウトキャラバン』のグランプリに輝きデビューした足立梨花(25)。最近では主演ドラマ『噂の女』(BSジャパン)などで演じる悪女のイメージも定着してきているが、10代後半には悩んだ時期も。

「高校卒業後、このお仕事1本でやると決めた途端、オーディションに受からなくなったんです。最終審査など、いつもいいところまでは残るのですが、“何かが足りない”と選ばれなくて……」

そんな彼女が吹っ切れるキッカケとなったのが、朝ドラ『あまちゃん』で気の強いアイドルを演じたこと。

「ネットでは嫌いと書かれることもありましたが、本当に嫌な人に見えたんだってうれしかったです(笑)。悪役は演じがいがあるし、私の世代で極めている女優もいないから、悪女大歓迎です!!」

主演映画『キスできる餃子』では、シングルマザー役に挑戦。

「娘がしっかりしている設定で、監督からも姉妹のように接してと言われていたので、母親役はあまり意識しませんでしたね。今回演じた陽子の猪突猛進な性格は、自分に通じる部分があるかも」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.