くらし情報『川嶋あい、『あいのり』主題歌でデビューから15年「あの一瞬が永遠になっている」』

2018年6月24日 16:00

川嶋あい、『あいのり』主題歌でデビューから15年「あの一瞬が永遠になっている」

デビュー15周年を記念し、6月27日にベストアルバム『川嶋あい 15th Anniversary BEST』をリリースする川嶋あい。代々木公園での弾き語りライブから始まり、今や日本を代表する女性シンガーソングライターのひとりになった彼女だが、そこに至るまでのストーリーにはどんな出逢いや別れ、葛藤があったのか本人に話を伺った。

川嶋あい、『あいのり』主題歌でデビューから15年「あの一瞬が永遠になっている」
川嶋あい撮影/森田晃
──今作で15年をあらためて振り返り、どんな感慨を持たれましたか?

本当にいろんな方と出逢って、いろんな経験をさせていただいた15年だったなと感じました。あと、10代のときは自分の内側の歌が多かったけど、20代になるとだんだん外に開いていった感覚があって、いろんな音楽的アプローチとか挑戦もするようになって。

でも書き方は本当に変わっていないと思います。70〜80年代の歌謡曲が好きで育ってきました。歌詞先(かしせん)と思われているけど、メロディーにいちばん合致する言葉を探してきた。それは自己流なのかなと思いますね。

──15年ものあいだ歌い続けてこれた要因は何だと思いますか?

出逢い。スタッフのみんなと路上で出逢えなかったら今の私はないですし、やっぱり人に救われて生きてきたんですよね。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.