くらし情報『市川海老蔵「麻央基金」&「ブログの書籍化」を頓挫させた “ネガティブな声” の中身』

2018年6月25日 17:45

市川海老蔵「麻央基金」&「ブログの書籍化」を頓挫させた “ネガティブな声” の中身

市川海老蔵「麻央基金」&「ブログの書籍化」を頓挫させた “ネガティブな声” の中身
市川海老蔵
小林麻央さん(享年34)の「偲ぶ会」が6月23日に都内で行われた。

夫で歌舞伎俳優の市川海老蔵(40)、麻央さんの姉・小林麻耶(38)、長女の麗禾ちゃん(6)、長男・勸玄くん(5)のほか、生前、麻央さんと親しかった仕事仲間や友人約200人が出席。

日本テレビ系『NEWS ZERO』で共演した「」の櫻井翔(36)、TBS安住紳一郎アナウンサー(44)、歌手の大塚愛(35)ら、親交の深かった約10人がスピーチし、歌手の平原綾香(34)は代表曲『Jupiter』をアカペラで熱唱したという。会は完全非公開で行われたが、

「麻央さんが所属していたセントフォースの社長、現場マネジャー、フジテレビ伊藤利尋アナウンサー(45)、『湘南乃風若旦那(42)らもスピーチもありました。

会場中央のモニターでは麻央さんの生前の姿がスライドで映し出され、麻央さんの活躍をまとめたVTRが流れる頃には、我慢も限界だったんでしょう、長女の麗禾ちゃん、長男の勸玄くんは涙を流していましたね。海老蔵さんもハンカチで目を抑えて、VTRをじっと眺めていました」(出席した芸能関係者)

お別れの会は一つの区切りでもあるが、海老蔵の本心は複雑だったようだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.