くらし情報『長嶋一茂はなぜいつも半笑いなのか? テレビ界が渇望する「自由さ」の裏にあるもの』

2018年7月2日 16:00

長嶋一茂はなぜいつも半笑いなのか? テレビ界が渇望する「自由さ」の裏にあるもの

古舘プロジェクト所属の鮫肌文殊、山名宏和、樋口卓治という3人の現役バリバリの放送作家が、日々の仕事の中で見聞きした今旬なタレントから裏方まで、TV業界の偉人、怪人、変人の皆さんを毎回1人ピックアップ。勝手に称えまくって表彰していきます。第51回は樋口卓治が担当します。■長嶋一茂 様

今回、私が勝手に表彰するのは長嶋一茂さんである。

長嶋一茂はなぜいつも半笑いなのか? テレビ界が渇望する「自由さ」の裏にあるもの
長嶋一茂
毎日のようにテレビに一茂が出ている。テレビ界ではこれをブレイクという。

今どきのブレイクは視聴者ではなく、業界が渇望しているようにも思えるが、一茂の活躍は、坂上忍さん、梅沢富美男さん、ヒロミさんと同じように、一過性ではない定着する人気だ。

一茂はなぜかいつも半笑いだ。

日に焼けた半笑いのダンディは、何か言いたそうで、何か言った後、周りから突っ込まれることを想像して思わず笑みが溢れるのを我慢しているように見える。

あの落書き騒動の事を話した時、

「バカ息子って書かれたけど、うちは娘しかいないんだけどなー」

誰もが「バカ息子はお前のことじゃ!」とジャストミートで突っ込めるボケをかます。

北朝鮮のミサイル発射時の角度が45度と聞くと、

「ホームランを打つ角度と一緒だね」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.