くらし情報『日本代表・長谷部誠のリーダー物語、その素質は中学生時代からあった』

2018年7月3日 11:00

日本代表・長谷部誠のリーダー物語、その素質は中学生時代からあった

日本代表・長谷部誠のリーダー物語、その素質は中学生時代からあった
長谷部誠
「浦和レッズで新人だったころの長谷部選手は、今よりも髪が長くて、少しチャラいイメージもありましたね」

そう話すのは、長年ワールドカップを現地取材するサッカーライターの元川悦子さん。不動のキャプテンとして活躍する長谷部誠だが、そのころの印象は今とは違っていた。

「ユース代表候補に選ばれたときに話しかけても、少しツンケンしていたような記憶があります。決して悪い印象ではないけど、今のようなハキハキ大きな声でしゃべるような感じではなかった」(元川さん)

彼が変わるきっかけだったのが、’10年のワールドカップ。岡田武史監督にキャプテンを任されたときだ。

「長谷部選手はそのとき26歳。上の世代にはうるさ型もいて“ハセはおもしろいことを言わない”“まじめすぎるやつだ”みたいなことも言っていましたし。そんな中でキャプテンをやらなくてはいけなかった」(元川さん)

だが、彼は完璧に対応してこの逆境を乗り切った。

「“僕はただキャプテンマークを巻いているだけで、本当のキャプテンは……、チームを統括しているのは……”とメディアで話したりして、上の世代を立てたんです。

“僕はマークを巻いているだけでキャプテンでも何でもない”と言い続けて配慮をしたんでしょうね。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.