くらし情報『「私たち、オカマとオナベの逆転夫婦です」妻・マキさんが語る愛のカタチ』

2018年7月5日 18:00

「私たち、オカマとオナベの逆転夫婦です」妻・マキさんが語る愛のカタチ

でも、考えてみたら戸籍上の私は男だし、ジョンは女。ジョンには跡取りになる2人の弟がいたのと、ウチが女系家族で私がやっと生まれた男の子だったこともあって、ジョンに嫁に入ってもらう形で結婚したんです」

旧家に生まれたマキさんは、20代前半で勘当状態のまま実家を離れていたが、結婚したことで勘当が許されたという。

そして今、社会では性別や属性ではなく、個々としての人となりを見ようという動きが広がりつつある。その源流には、いち早く友情結婚という選択をした2人が、その生きざまを公言し、さらけ出してきた部分もあるだろう。

「結婚当初はお互いに一生独身だと思っていた似た者同士でした。けれど、24年の結婚生活を経た今、パートナーというのは精神的な絆が大切だとしみじみ感じています。

年をとったから余計に感じるのかもしれませんが、2人いれば喜びは2倍になるし、悲しみは半分ずつに分けあうことができますから」
■後輩からも憧れの関係

今回のイベントの主宰者であり、早稲田大学卒でマキさんの後輩にあたるドラァグクイーンのドリアン・ロロブリジーダさんも、そんな2人の関係性に魅せられたひとり。

「マキさんを初めて見たのは、2007年放送のドキュメンタリー番組だったかと思います。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.