くらし情報『池田エライザ「事故物件だった部屋に住んでしまったことがあって…」』

2018年7月6日 22:00

池田エライザ「事故物件だった部屋に住んでしまったことがあって…」

池田エライザ「事故物件だった部屋に住んでしまったことがあって…」
池田エライザ撮影/廣瀬靖
「3日間お休みがあったら、3日とも家にいるタイプです。休日も電話に出るのが早くて、マネージャーさんから急な仕事の連絡が入っても、だいたい私の返事は“今すぐ行けます!!”です(笑)」

モデル、そして女優としての活躍も目覚ましい池田エライザ(22)。実は読書&音楽好きという文化系の一面も持ち、

「朝方までマンガや本を読んでいて寝落ちしてしまうことも。イメージと違うねとよく言われるのですが、ちょっと派手な女の子の役が多かったからかな?それならある種、正解なのかなと思っています」

高校生時代には、なんとクラウドファンディングで自らモデルブックの出版も……!!

「あのときの行動力はすごかった!!エライザなのに、ハーフのモデルなのに、ここまでちゃんとやってるっていうのを証明したかったんです。その考えは今でも変わりません」

そんな仕事に意欲を示す彼女が、映画『ルームロンダリング』では主演に。ワケあり物件を舞台にしたコメディー作品だが、

「私も“事故物件”だった部屋に住んでしまったことがあって。今、ネットで調べるとわかるんです。でも、お化けももとはちゃんと生きてた人なんだって思うようになって、あまり怖くなくなりました(笑)」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.