くらし情報『「大相撲は神事なのか」様々な議論があったけど、真実はここにある』

2018年7月8日 10:10

「大相撲は神事なのか」様々な議論があったけど、真実はここにある

はるか古代の7月7日。

我こそは!という力自慢の二人の命がけの戦いに始まったとされる相撲は、平安の時代に宮中行事になる。そこから数えても相撲は実に1200年以上もの歴史があるのだから、たまげる!

■おすもうさんに神聖さを見出す

もちろんまだスポーツという概念がない時代、相撲とは稲作の出来・不出来を「占う」ものであり、また豊作を祈り感謝するための「神事」として営まれた。

つまり「相撲は神事」という側面、さらには現在につながる大相撲のオリジンも、平安時代に宮中が編み出したストーリーであり、行事だと言える。

「同時に蹴鞠などもそうですが、宮中における芸能という面もありました。さらに全国から強い人を集めて相撲を取らせ、地方でも相撲節を真似た相撲大会のようなものがおそらく神社仏閣のようなところで行われ、そこで優勝した強い人は“税に代えて”中央に召し抱えられ、中央集権時代の象徴でもありました。

相撲は色々なものが複層している多様な文化、様々な意味あいが当初から込められているんですね」(中村さん)

そして何より「力の強い人は昔も今も変わらず、足が速いとかもそうですが、他の人よりかけ離れた能力として崇められたんですね。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.