くらし情報『毒舌ナルシストの伊勢谷に波瑠が立ち向かう『サバイバル・ウェディング』』

毒舌ナルシストの伊勢谷に波瑠が立ち向かう『サバイバル・ウェディング』

2018年7月13日 07:00
 

毒舌ナルシストの伊勢谷に波瑠が立ち向かう『サバイバル・ウェディング』
サバイバル・ウェディング(c)日本テレビ
寿退社から一転、婚約破棄されたヒロインが、毒舌スパルタ上司に“半年以内に結婚しないとクビ”と宣告されて奮闘する痛快コメディー。波瑠伊勢谷友介が初共演する見どころとパワハラ、セクハラにならないためのポイントとは―。

■どん底ヒロイン&おかっぱ頭の敏腕男

“半年以内に結婚しないとクビ”!?奇想天外な痛快コメディーが、初共演の波瑠伊勢谷友介でスタートする。原作は、大橋弘祐の同名小説。

波瑠が演じるヒロイン・さやかは出版社勤務。寿退社した日に相手の浮気が発覚するが、逆ギレされて婚約破棄に。復職を願う彼女の前に現れたのは毒舌でナルシストな敏腕編集長・宇佐美(伊勢谷)。雇用の条件に“半年以内に結婚すること”を宣告する。

「原作が発表されてすぐに読んで、面白かったので企画を温めていました。コメディータッチの作品で、ヒロインはぜひ波瑠さんにと。クールビューティーなイメージの波瑠さんには実は、とてもおちゃめでチャーミングな一面もあるので、ぜひコメディエンヌとしての才能を発揮していただきたいと思ったからです。

毒舌ナルシストの宇佐美は、一見、嫌な上司だけれども憎めない一面があるキャラクター。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.