くらし情報『イ・ビョンホンの“キラースマイル”健在、心打たれたファンからの手紙と感謝の気持ち』

2018年7月16日 19:00

イ・ビョンホンの“キラースマイル”健在、心打たれたファンからの手紙と感謝の気持ち

イ・ビョンホンの“キラースマイル”健在、心打たれたファンからの手紙と感謝の気持ち
イ・ビョンホン撮影/吉岡竜紀
約3年ぶりの取材となった週刊女性に、

「お久しぶりです」

と、日本語で挨拶してくれたイ・ビョンホン(47)。彼といえば、“キラースマイル”。そのパワーは、’04年に火がついた韓流ブームを牽引する“韓流四天王”のひとりとして紹介されたころから変わらない。’06年には、俳優として世界初となる東京ドーム公演を開催。人気だけでなく、キャリアもステップアップを続け、いまやハリウッドに進出。演技派といわれるだけでなく、スター性も備える稀有な存在として地位を築いている。

一方で“光をくれる存在”という日本のファンもとても大切にする。国内外から数多くのオファーが届く多忙なスケジュールと相談しながら、触れ合う機会を作る。

「歌手やコメディアンの方は、公演などでファンのみなさんと直接会う機会が多くありますよね。僕だけでなく、俳優には、あまりそういう機会がないんです。だからこそ、どうやったらみなさんと意思疎通ができて、その場を本当に楽しめるだろうかと悩みます」

ドラマや映画で親しんでいる彼からは想像できない、歌やダンスとさまざまな姿を見せてくれるのも、実は日本でだけ。ファンミ会場でしか見ることができない、七三分けにメガネ、髭をたくわえた間抜けな「李教授」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.