くらし情報『藤井隆「ケンカしたときってもう終わる方向に向かっている(笑)」』

2018年7月12日 11:00

藤井隆「ケンカしたときってもう終わる方向に向かっている(笑)」

藤井隆「ケンカしたときってもう終わる方向に向かっている(笑)」
藤井隆撮影/森田晃博
コメディーにもいろいろなタイプの作品があるけれど、フランスの劇作家、ヤスミナ・レザさんが得意とするのは知的でシニカルな大人の悲喜劇。『大人のけんかが終わるまで』で5人の登場人物のひとりを演じる藤井隆さんにとっては、今まで経験してきた吉本新喜劇や三谷幸喜さんのコメディーとは、まるで違う世界かもしれない。

■苦戦していますが、本番が楽しみです

「作品の紹介文には“シニカルな大人のコメディー”と書いてあるんですけど“アハハハハ!”って大笑いするようなものではないんですよね。翻訳ものですし、設定がフランスのものなので、生活とか家庭、夫婦や恋人に対する価値観も日本人とは違うから、サッと共感しにくいところもあって。苦戦中です。すみません。当たり前ですが、本番までには仕上げます!」

物語は破局寸前の不倫カップル、アンドレア(鈴木京香さん)とボリス(北村有起哉さん)が、レストランで偶然、知り合いと出くわしたことで動きだす。ボリスの妻の友人、フランソワーズ(板谷由夏さん)とその内縁の夫、エリック(藤井さん)、認知症になりかけているエリックの母、イヴォンヌ(麻実れいさん)だ。ひょんなことからテーブルをともにすることになった5人の間に、不協和音が鳴り響く。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.