くらし情報『『健康で文化的な最低限度の生活』は、井浦新の細かいリアクションにも注目!?』

『健康で文化的な最低限度の生活』は、井浦新の細かいリアクションにも注目!?

2018年7月17日 09:00
 

『健康で文化的な最低限度の生活』は、井浦新の細かいリアクションにも注目!?
エミルは半田とともに自転車に乗って受給者宅に向かう(c)カンテレ
日本国憲法第25条“すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する”からタイトルをとり、生活保護の現場を舞台にした新人ケースワーカーの奮闘記。原作は柏木ハルコの同名コミックで、ヒロインの義経えみる役を吉岡里帆が演じる。

「夏にお届けするドラマなので、暑さに負けないようにパワフルな主人公を作っていけたらなと思います」

と、意気込む吉岡は役作りのためケースワーカーへの取材を提案。時間を大幅に超過して質問を続けたという。

制作の経緯について、関西テレビの米田孝プロデューサーは、

「原作で描かれたケースワーカーの仕事に興味を持ったのがきっかけです。生活保護受給者がどんな生活をしているのか健康状態、仕事、家族構成など、その人の人生を丸ごと引き受け、生きる希望を見つけるために努力をする。ここまで深く人と接していく仕事はなかなかないのでは?と感じました。

ドラマ化するなら吉岡さんにお願いしたいと思いました。ひたむきで、まっすぐな性格のえみるがぴったりということもありますが、吉岡さんは僕がアシスタント・プロデューサー時代の吉田羊さん主演ドラマ(『メディカルチームレディ・ダ・ヴィンチの診断』)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.