くらし情報『孤独死は絶対イヤ? 70歳の答え「人はその人が生きてきたように死ぬから大丈夫」』

2018年7月22日 22:00

孤独死は絶対イヤ? 70歳の答え「人はその人が生きてきたように死ぬから大丈夫」

今は100歳まで生きる時代?まあ、おめでたいこと。

■毎年、送られてきたイヨカンが届かなくなり…

四国に住む会員、幸子さん(仮名)は91歳。結婚歴はなく両親の仕事を手伝っているうちにひとりになり、現在は戸建てにひとり暮らし。いろいろ事情があり、生まれ故郷を50代で離れ、見知らぬ土地、四国にやってきたらしい。わたしが彼女を知ったのは、2010年に、四国在住会員の集いに出かけたときだ。(現在、四国会員はなし)

当時、84歳だった幸子さんは身なりもきちんとしたレディ。しかし、その集いのときに、友達がいないと言うので、会員のひとりが「今度誘いますね」と言うと、拒否した。うーん。長年ひとり身の人にありがちな、頑なな人だ。人が手を差し伸べようとするとひっこめる。そういえば、カフェで飲み物を注文するときに「わたしは水しか飲まないので」と何も頼まなくても平気だった。う~ん。う~ん。

3年後の2013年、幸子さん87歳のときに、共同墓を契約したいとの連絡があり会った。そのときは以前より身体が小刻みに震え、年を取った印象を受けた。「大丈夫ですか」と声をかけると、彼女は笑いながら「イヨカンが送られて来なかったら、何かあったと思ってね」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.