くらし情報『平成のダークヒーロー、『ハゲタカ』の鷲津に綾野剛が選ばれた理由』

2018年7月25日 18:00

平成のダークヒーロー、『ハゲタカ』の鷲津に綾野剛が選ばれた理由

平成のダークヒーロー、『ハゲタカ』の鷲津に綾野剛が選ばれた理由
『ハゲタカ』
名門企業を次々と買収していくキレ者“ハゲタカ”を綾野剛が熱演。大胆な買収劇を仕掛ける主人公を演じるための役作りへのこだわり、撮影現場についてプロデューサーが大公開!

■平成最後の夏、時代に思いを馳せるドラマを

累計240万部突破の真山仁の同名小説をドラマ化。オリジナルエピソードを加え3部構成で描く。

外資系投資ファンドを率い、名門企業を次々と買収する“平成のダークヒーロー”鷲津役は、同局連ドラ初主演の綾野剛。鷲津の部下を杉本哲太、光石研、池内博之、対立する銀行のエリートバンカーを渡部篤郎、取締役を小林薫、のちに鷲津の最大の敵へと成長していくホテルウーマンを沢尻エリカがそれぞれ演じる。

原作愛読者の中川慎子プロデューサーは、制作の経緯についてこう語る。

「平成元年にファンドマネージャーになり、バブル、リーマンショックなどにも直面し、戦ってきたのが原作の鷲津です。フィクションの存在ではあるけれど、私にとって鷲津は“平成の寵児”。彼の生きざまを描いたドラマなら平成最後の夏、この時代に思いを馳せることができるのではないかと考えました」

鷲津は外資系投資ファンドを率い、不良債権を抱えた銀行や負債のある名門企業を次々と買収、日本経済界に革命を起こしていく。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.