くらし情報『稲垣・草なぎ・香取、東京の人気アイドルが地方社会と関わりを持った「大きな意義」』

2018年8月3日 05:00

稲垣・草なぎ・香取、東京の人気アイドルが地方社会と関わりを持った「大きな意義」

近年はSNSの充実で、地方からも全国的な人気を獲得するコンテンツが誕生している。これからも確実に地方からスターは生まれ、それらの命は、東京のエンタメ観では見つけられない場所で産声をあげています。そんな輝きや面白さを、いち早く北海道からお届けします(北海道在住フリーライター/乗田綾子)

稲垣・草なぎ・香取、東京の人気アイドルが地方社会と関わりを持った「大きな意義」
左から、稲垣吾郎、香取慎吾、草なぎ剛
突然ですが、皆さんは「関係人口」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

これは近年、使われるようになってきた言葉で、その場所に住んでいる人たちや一時的に滞在している観光客ではなく、「地域外からさまざまな方法でその地域に繋がってくれる人たち」を指すものなんです。

■夕張の強いNAKAMAに

例えば、ふるさと納税の利用や特産品の購入などで、緩やかに繋がりを持ってくれる、いわば地域の“ファン”のような存在、それが関係人口という言葉の意味です。

なぜこの言葉に注目したかというと、実は今年の5月、北海道の鈴木直道夕張市長がTwitterを通じてこんなメッセージを発信していました。

《読売新聞朝刊(全国版)にて、新しい地図の香取慎吾さん、稲垣吾郎さん、草なぎ剛さんとの懇談記事が掲載されました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.