くらし情報『小島よしお、裸芸人のスゴイ “生命力” 子どもに大ウケで絵本作家デビュー』

2018年7月27日 18:30

小島よしお、裸芸人のスゴイ “生命力” 子どもに大ウケで絵本作家デビュー

小島よしお、裸芸人のスゴイ “生命力” 子どもに大ウケで絵本作家デビュー
読み聞かせ&握手会をした、小島よしお
お笑い芸人山田ルイ53世が記した『一発屋芸人列伝』(新潮社)が話題を集めているが、一発屋芸人っぽくありながらもマーケットを変えて売れ続けている芸人がいる。その代表格がタレントの小島よしお(37)だ。

『キッズのココロわしづかみ術』(主婦と生活社)で、子どもと触れ合う極意を語っている彼が、初めての絵本『ぱちょ~ん』(ワニブックス)を7月31日に発売する。その読み聞かせ&握手会が7月27日、都内のショッピングセンターで行われたが、

「あんなに子どもに人気があるとは圧倒されました。散々テレビでやりつくしたネタ“そんなの関係ねぇ”などをやっているのですが、大ウケ。子どもはみんな大興奮で、一緒に見ているお母さんお父さんもにっこにこ。新たなマーケットを開拓したなと思いましたね」(情報番組ディレクター)

小島をスターダムにのし上げた「そんなの関係ねぇ」から約10年が経過。子どもたちのツボは変わらないよう。

■裸が武器の小島のこだわり

お笑い芸人として一世を風靡(ふうび)した後、小島は、民放の子ども向け番組にレギュラー出演した。

「それが転機になり、所属事務所も食いついた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.