くらし情報『山崎賢人&藤木直人、子役たちの心を鷲掴みにしたとある“おもちゃ”』

2018年8月2日 18:00

山崎賢人&藤木直人、子役たちの心を鷲掴みにしたとある“おもちゃ”

山崎賢人&藤木直人、子役たちの心を鷲掴みにしたとある“おもちゃ”
山崎賢人
『グッド・ドクター』で山崎賢人は『サヴァン症候群』と『自閉症スペクトラム障がい』のある小児外科の研修医という、とても難しい役どころを演じている。

「山崎さんが演じる医師は、膨大な量の医学書を暗記してしまう能力を持つものの、トラブルばかりを起こしてしまいます。しかし、彼の“すべての子どもを大人にしたい”という強い思いを周りが受け止め、病院内の雰囲気を変えていく……というストーリーです」(テレビ誌ライター)

コミュニケーション能力が乏しいため、人に対しての話し方や所作が独特。それに加えて、医師という専門職のため用語や処置の手順など、山崎の覚えることは山積みだった。

「監督から大量の資料をもらって特訓を受けていました。エキストラなど、多くの人がいる現場でも、撮影の合間に声を出して練習している姿にプロ意識を感じましたね」(制作会社スタッフ)

■子どもたちから大人気の山崎&藤木

物語の舞台が小児外科のため、出演者には小さな子どもがたくさん。病院のセットは時折、物々しい空気感になることもある。

しかし、自分のことで頭がいっぱいになるはずなのに、山崎は子どもたちが緊張しないように自ら話しかけていくという。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.