くらし情報『葵わかな、いまゾッコンの相手に「この恋はひと夏ではなく、永遠ですね!!」』

2018年8月1日 12:00

葵わかな、いまゾッコンの相手に「この恋はひと夏ではなく、永遠ですね!!」

葵わかな、いまゾッコンの相手に「この恋はひと夏ではなく、永遠ですね!!」
葵わかな撮影/伊藤和幸
「もし人生の壁にぶち当たったとき、私は、“壁の素材は何だろう?”と調べてから壁を壊すタイプ。でも今回演じた理緒は“エイッ!!”と、パンチ1発で壊すような行動力がある女の子なので、演じていて爽快感がありました」

人気漫画を実写映画化した青春ラブストーリー『青夏きみに恋した30日』でヒロインを務めた葵わかな(20)。

小学5年生のころにスカウトされて、芸能界デビュー。10代をまるまる芸能界で過ごした彼女は、仕事を通して青春をエンジョイできたと微笑(ほほえ)む。

「お仕事を始めていたので部活などはできなかったですけど、映画『くちびるに歌を』では合唱部員を演じたり、今回の作品ではひと夏の恋を経験したりと、役を通していろんな人生が経験できた10代でした。特に朝ドラ『わろてんか』はとても濃い時間を過ごせて、私にとっての青春という感じです」

朝ドラでは10代から50代までを半年かけて演じきった彼女。今回は同年代のキャストに囲まれ、素に近い状態で楽しめたシーンもあったようす。

「川でバーベキューをするシーンがあるのですが、引きのシーンを撮影するときはカメラがあるのを忘れて、普通に楽しんじゃいました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.