くらし情報『ジャニー喜多川社長の「夢」東京五輪の開閉会式での演出の行方』

2018年8月3日 17:30

ジャニー喜多川社長の「夢」東京五輪の開閉会式での演出の行方

ジャニー喜多川社長の「夢」東京五輪の開閉会式での演出の行方
国立競技場
「“鎮魂と再生”というのは、能や狂言という我々の芸能の重要な部分。その精神を復興五輪に生かすことは、非常に意味があるとチームの皆さんに賛同いただいております。何より上質な日本の精神にのっとったものにしたい」

’20年東京五輪・パラリンピックの開閉会式のチーフ・エグゼクティブ・クリエイティブ・ディレクターに就任した野村萬斎。

「コンセプトをしたためている」と話すように、日本を、東京を表現するビジョンをすでに持っているようだ。

このやたらと長い肩書きのディレクター職は、世界からもっとも注目される開閉会式を統括する立場にあり、いわば東京五輪・パラリンピックのエンターテイメントにおける“顔”とも言える。

なかでも、’20年を“プロデュース人生の集大成”と考えていたという、ジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長は、この発表を忸怩(じくじ)たる思いで見ていたのかもしれない。

「ジャニーさんは、’13年に東京五輪の開催が決定すると同年末に舞台『JOHNNY’S2020 WORLD』を立ち上げて、五輪を意識した演出を行ってきました。

さらに五輪組織委員会の森喜朗会長も帝国劇場に招待するなど、“ロビー活動”にも精を出していました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.